読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

療養 よめさんち編その2

よめさんちでは、主にリハビリを兼ねて家事をやってました。

こう見えてわたし、料理とかすきなんです。

夕飯とよめさんのお昼ご飯をおもに作りましたね。

洗濯とか、お掃除もそれなりにしました。

胸を張れるほどじゃないけど。

大体1日のながれが

午前中→大体、よめさんのがさきにおきる。

よめさんの出勤30分くらいまえに、あわてて起きてお弁当づくり。

といっても、おにぎり握って、前の日の残りのスープをあっためて、スープジャーにいれるだけなんだけどね(笑)

そして、嫁さんの職場、お家からスーパー近いから、お弁当持っていってもお昼に帰ってきてくれるんだけどね(笑)

でも忙しいと帰ってこれないときもあるから、ねんのためね。

んで嫁さん送り出して、ワイドショーとか観ながら洗濯したり、掃除したり。

そのうちお昼になって嫁さん帰ってきて二人でお昼食べて、嫁さん送り出して、用事があれば外出。洗い物したり、晩御飯つくったり…。

んで嫁さん帰ってきたら速攻お風呂。

私の入浴介護してもらいつつ、量も長さもある嫁さんの頭は私が洗い、私の介護大変だったろうな。

患部を絶対濡らしちゃダメだったから、ラップとクラフトテープでぐるっぐるまきにして、細心の注意を払い、手早く頭とか洗ってもらって、手早くやらないと、ぐるっぐるまきだからくるしいんよ。

ほんと苦労かけました。。

お風呂上がったら、嫁さんの髪の毛を私がかわかし、よめさんは私に薬をぬってくれて、やっとこさご飯。。。

仕事で疲れてるのに、ほぼほぼ毎日やってくれました。

お腹もすいてるはずなのに。

愛を感じましたよ。幸せだなって毎日おもいました。

つか、わたし家事やっていたとかいうわりに、たいしたことしてないのよね。。

でも嫁さんは、いつもありがとうっていってくれたし、すこし頑張るとすごく誉めてくれました。

夜は一緒にテレビ見たり、身体回復してきたらイチャイチャしたり。

日常はそんなかんじでしたね。休みの日はまた後日書こうかな。

ご飯は、胃弱なよめさんにやさいたっぷりなスープなどをよく作ってました。

あれやこれや文句もいわず、なんでも美味しいって食べてくれたなあ。

嫁さんの味付けの好みって、シンプルイズベストなわけよ。

だからつくりやすかった。素材の味を生かした感じの料理だったし。

嫁さんの胃袋はつかめたはず!!!

胃袋つかんじゃえばこっちのもんだぜい!!!

私、中性とはいっておりますが、性格は嫁さんより全然乙女なんですwww

矛盾してるだろ?

でもこれがわたしだからね。ひとにどうこう言われてもなんとも思わない。

だって愛する人に何かしたいのは男女関係ないでしょ?

私はたまたま、身の回りのこととか、料理とかが好きなだけ。

一昔はやった、オトメンみたいなもんだね。

そんな自分が昔はだいきらいだったけれど、嫁さんと付き合いはじめてから、これはこれでいいかもって思えるようになった。

よめさんをディスるわけじゃないが、嫁さんが脱ぎ散らかした服をハンガーにいそいそかけたり、食べたお弁当とかのゴミをいそいそかたづけたりするのは、好きでやってるから。

つか、儀式なんだよねwwwやらないとおちつかないww

でもね、自分のことになると全然やらないのwww

自宅とかスーパーきたないし、はたからみて私はだらしがないほうだしwww

自分でも変だとはおもうwww

 

つづく。