読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抜糸するまで大変だったこと

実家でも、よめさんちでもそうだったけれど、お風呂にガッツリ入れないのがつらかった。

お風呂大好き人間だからさwww

銭湯とかにいきづらくなるから、ぺったんこにはしなかった節もある。

二日間はお風呂にはいれず、3日目からは下半身と頭だけは洗えた。

上半身は拭いて貰うことしかできず、痒くてたまらんかった。

一週間後、胸の抜糸。こっからはシャワーは浴びれた。

でも、乳首は抜糸してないし、患部を絶対濡らしちゃいかん!とのことで、患部をラップでぐるぐるまきにして、シャワー。 

かなりきつめに巻いたから苦しかったw

そして、もれなく一人じゃお風呂にはいれず、母、妹、嫁さんに介護してもらってました。

そもそも痛みで腕があげらんなくてさ。

乳首抜糸後、やっと一人でお風呂にはいれて浴槽に浸かれて嬉しかった。

あとはあれね、胸抜糸まで痛みで起き上がるのつらかったね。

寝返り打つのも痛かった。あさ、トイレに目覚めた時が一番の闘いだった。

膀胱ぱんぱんでめざめて、さっさと起き上がれずゆっくりゆっくり。

ゆっくり起き上がっても、ひきつれるような痛み。

うずくまる。といれいきたい。立ち上がる。

いたい。うずくまる。

そんな感じだった。痛みは個人差あるんだけどねー。

今となっては寝返りも打てるし、毎日銭湯にいく日々です。

療養期間に無理しなきゃこんなもんですよ。