読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

療養 実家編 その3

実家療養ちう、お見舞いやら退院祝いをしてくれた人がいました。

まずは、妹の旦那さん。いわゆる義弟ですね。帰ったその日に妹と姪っ子と一緒に来てくれました。

ピザやら揚げ物やらいろいろ持ってきてくれました。

うすぼんやりしかその日のことを覚えてないんだが、あやおばちゃん大好きな姪っ子が飛びかかったりしないように最新の注意を払ってくれてました。

うちのよめさんがまだいてくれてるとは思わず、びっくりしていて、なんか追加でかってこようか?なんていってくれる優しい義弟。

何か関係は義姉と義弟だけれど、お兄ちゃんみたいに感じてる節があるわたしwww

実際、義弟私より一歳年上だしなあ。

…と身内自慢はこれくらいにしましょうかねw

義弟は、妹が私のお世話をしに来てくれる間、姪っ子をみていてくれたりもしてくれて、ほんとうにありがたかった。

ありがとうね。義弟。

すごく心配してくれて、ありがとうね!

あとは、中学ん時から仲良くしてくれてる友達。

家族みたいなもんです。中2の時はほぼ毎日一緒に過ごしてた。

あれですね、うちの二人目の長女みたいなもんです。

うちの母とも仲が良く、うちの妹や弟も可愛がってくれてる。

私が実家にいなくても、うちの実家に遊びに来てくれたりしてたみたい。

実家の近くのファミレスでらんちしました!

二人きりでランチとかすげえ久々で、話が弾みました。

若いときからだけど、ほんっっとしっかりしてる。たまにミラクルな聞き間違いとかするんだけどね(笑)

若いときみたくキャイキャイしたよね(笑)

楽しかった。ほんっっとこの子は一生友達でいてくれるんだろうなとおもう。

いや。友達つーか、やっぱ家族なんだと思うよ。

いつもわたしだけじゃなく、うちの家族のことまで心配してくれてさ。

ほんといつもすまんな。

ありがとう!あさみ!

今度は美味しいスイーツ食べに行こうな!

 

あとは、母の職場の同僚さん。

サプライズでお祝いしてくれたの!退院祝い的な?

たまたま母のお客さんとご飯食べに行くことになっていて、その人も来ることになっていてね。

何度かお店で同僚さんとはお会いしていたんだけど、あまり面識のない方だったの。

でもケーキと花束もってきてくれて

「あやちゃん。退院おめでとう!」

って!!!!!

わたしゃ泣きそうでしたよ。あんま知らない私の事をきにかけてくれてたんだもん。

まなみさんありがとうございました。

お店でお会いしたら、改めてお礼しなきゃ。

そんなわけで、三人の方々!ありがとうございました。

わたしゃしあわせもんですわ。

 

つづく。