読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなわけで その4

前置き長すぎワロタw

そう。仲良くしていてくれた友達がはなれていき、いじめをする子と孤立していったわけよ。

当時はあんま気にしてなかった。

いじめをする子って書いてんのめんどいから、かなちゃんて名前にしようそうしよう!

ちなみにかなちゃんに恋愛感情とかは全然ありませんでした。他に憧れていたクラスの女子いたから。

んで孤立していくと同時にいじめがはじまるわけよ。

罵声を浴びせる。鞄を隠す、無視する。せいはつりょうを食べさせられる。おしっこ飲め!ってといれに連れ込まれる。たたく、蹴る。

だれも見てないとこでね。私のががたいが全然良かったのだから、反撃しようと思えば、勝てたよね。

 

でも怖くてできなかった。

 

なんか、かなちゃんのおじいちゃんが、私らが住んでた所の市議会委員かなんかだから、お前誰かにこの事話したら、ここにいられなくしてやるぞ!って脅されていたから。

うちはただでさえ、祖父母と暮らしていたから、ここにいられなくなったら、じいじとばあばに迷惑かけちゃう。て思ったらされるがままになるしかなかった。

泣きながら耐えるしかなかった。少しでもおっきい泣き声を立てたら、お前殺すぞ?

ここにいられなくするぞ?ってさんざん言われた。

耐えるしかなかった。

そんなことが続いた中学一年生の冬。

かなちゃんからのいじめが発覚してしまう。

 

じかんないのでつづく。