読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなわけで その2

こっから少し掘り下げて書いてこうかな。

決してかわいそうとか同情を買おうと思ってかくわけじゃないことは御理解いただきたい。

元々、なんで私は身体が女なんだろうとおもっていたんだけど、拍車をかけたのは

変質者や自分の遺伝子提供者の男の人なんだと思うのよ。

リアルで私をしってる人はわかると思うが、私は身体がでかい!成長も早かった。

初潮はたしか小3とか小4にはじまった。

んで、うちは家系的に巨乳w

んで、私は危機管理のできない子供だった

いまでこそ、メディアでとりあげられることも多くなったが、いわゆる発達障害だったんだとおもう。今もだけどw

そんなこんなで、変質者に遭遇し逃げられず、されるがままっていうね。

いや!にげろし!って思うかもしんないけど、子供の私には恐怖でしかなく逃げれなかった。

意地悪な人なら、そんなこと言ってほんとはわざと逃げなかったんじゃないの?って思われても仕方ないね。

何度変質者に遭遇しても学習能力なく、にげれなくなる。

いまでこそ、大人だからきけんなときはにげるよねーw

基本、ぼけーとしてるから狙いやすかったんだろうね。

怖いおもいや嫌な思いをしても家族には言えなかった。

ほんとね、子供時代の自分に言いたい!

家族はほんとの自分の気持ちや思いを言っても、あんたのこと嫌いになったり捨てたりしないから!って。

捨てられる、嫌われる、だれもいなくなる。

いまだにそんなこと思って、家族と嫁さん以外には本音を言えないのよねw

わたし、ぶっちゃけてます!みたいな顔してるけど、思ってることのさんぶんのいちくらいしかいえない。

むしろ言わない。だからストレスたまるんだろうなあ。

 

あーまた話脱線したわーw

 

休憩時間がそろそろおわりだ。戻らねば!

 

正月休み?流通業にんなもんねえんだよ!!!!

 

そんなわけで続く