セクシャルティーの話 その4

また角界がやらかしてますねぇー。

貴乃花親方が終わったら次はこれですか。

テレビが家にある頃は相撲観てました。

相撲の良いとこはうまくいけば一瞬で勝負が決まるとこですね。昔は舞の海が好きでした。あと、智の花だったかな?学校の先生だったひと。千代大海は、都内で見かけたことがあり、白鵬は浅草で握手してもらいました。かっこよかったなあ。

まあなんつうか、古い体制も良し悪しだと思いますね。

 

てなわけで先日の続きをば。

 

普通に性欲もあるし、恋愛もできているということは、多分嫁さんはAセクシャルではない。

Aセクシャルとは無性愛者のことな。

もうね、セクシャルマイノリティの当事者ですら、セクシャルティーが多過ぎてわからなくなるよねww

位置付けされたくない人もいるんだろうなあ。

恋愛出来ないからAセクとか、男女共に好きだからバイセクシャルとかさ。

まあ自分は自分なんだし、決めつけんのもよくないのかなとか思ったり。

まあそんなわけでパンセクシャルの嫁さんとトランスジェンダーの私なわけです。

セクシャルティー迷子の人もたくさんいるんだろうなあ。

分からなくたっていいんじゃん?白黒つけなくたって自分は自分。

まあ当人は悩むよねー。わたしみたく、歩くカミングアウトなひとばかりでもない。

肩の力抜いて生きてく方が全然らくだよ。

人に迷惑かけなきゃいいんだって。

そんなことを思うアラフォーの春。

あ!わたし、数年後に嫁さんと式をあげます。挙式できるとこも見つけて仮契約しました。

世の中がそのうちついてくるさ。

なんくるないさ

 

さてさて。嫁さんとの式のために仕事がんばんなきゃね★

ではではー

 

 

 

 

セクシャルティーの話 その3

四月になりましたねー。新しい年度がはじまり、新入生新入社員の季節ですね。

22年前の私も新入社員で新入生でした。

15歳か…若かったなあ。。大人は敵でした。

痛々しい15歳。黒歴史ww

15歳からの2年半がいまの私を作りましたね。中2から卒業までで今の私のベースが出来上がりました。

昔はもっとおとなしかった。そして暗かった。

セクシャルティーとはあんま関係ないですねわかります。

 

さてさて。今回はうちの嫁さんのセクシャルティー、パンセクシャルについてかいていきましょーかね。

うまく説明できないから、ウィキペディアさんで調べました。パンセクシャル

 

全性愛(ぜんせいあい)、パンセクシュアリティ(pansexuality)、オムニセクシュアリティ(omnisexuality)とは、男性/女性の性の分類に適合しない人々も含め、あらゆる人々に恋をしたり、性的願望を抱いたりすること。全性愛の性質を持っている人を全性愛者(ぜんせいあいしゃ)、パンセクシュアル(pansexual)、オムニセクシュアル(omnisexual)という

 

らしいです。バイセクシャルと同じじゃねえ?と思ったりもしますが、また違うのよねー。どっちもOKとオールオッケーの違いかしらねー。

でもうちの嫁さんの場合、男性は無理らしいです。色々あったんよね。

かといって、女性が好きなわけでもないらしいです。

よくいうあれです。好きになった人が好きな人みたいな。

恋愛対象は好きになった人。男性は拒絶。

それがうちの嫁さんです。

男性を嫌悪すらしている。恋愛じゃなきゃ普通に男性と話すんだけどね。

んで、うちの嫁さんの興味深いとこは

同性に対しても異性に対してもエロイズムを感じないとこ。

例えば、グラビアアイドルとかみていて、うわーえろいわーて思うこととかあると思いますが、うちの嫁さんにはそーゆー感情がない。

かといって、性的なことに嫌悪感を感じてるわけではない。普通のカップル並みにセックスもしますよ?私ら。

セックスが嫌だとは一度も言われてないし、我慢してる様子もない。

むしろ、エロ大魔人の私のが性的な事に嫌悪感を感じる週間があったりするくらいだからww

週間が過ぎればまたエロ大魔人に私は戻りますww

まあ私も色々あるわけさ。

てなわけでめっちゃ途中ですが、次回に続く

 

 

セクシャリティーの話 その2

今日中に書くとか言って、仕事やらなんやらが忙しくて書けなかったとかいいわけですね。わかります。

 

てなわけで続き書きます。読んでくださってくれてる方々ありがとうございます!

 

最後にトランスジェンダー

身体の性と心の性が一致しないが、外科的手術は望まない人。

一般的に言われてる性同一性障害との決定的な違いは、外科的手術を望んでないことなんよね。

トランスジェンダーにも色々種類がありましてね。それ書いてたら、キリがないから次の機会に。。

私はこのトランスジェンダーに該当するわけですよ。

自分は性同一性障害と思ってました。

自覚してから暫くね。でもね、ずっと違和感はありました。

 私の違和感が明確になったのは、3人の人物との出会いと、嫁さんの助言があったからですね。

2人はFTMさん、1人はMTFさん。

その3人との出会いはほんとおっきかったなあ。

なぜ私が違和感を感じていたのかというと、たしかに自分の性自認が女ではないんだけども、果たして自分は男なのか?と

適合手術をしたいか?ホル注ですら、リスクを考えてできないでいるのに?

ずっと悩んではいました。セクシャルマイノリティーでありながら、セクシャルマイノリティーをよくわかってなかったこともありましたね。

その3人と出会って、私は確信したんですよ。私はFTMではないなって。

そして、嫁さんの助言。

あやはあやっていう性別なんだよ

この助言ってすごく深いなーと思いましたね。

嫁さんが色々調べてくれて、私が該当するセクシャリティーがトランスジェンダーってわかったわけですねー。

ほんと半端で、エセセクシャルマイノリティーだとおもわれるかもしれませんが、確かなのは私の性自認が女性ではないということ。

人からどう言われても、性自認が女性ではないんだから仕方ない。

私にはどうすることもできないんだなー。

だってそうなんだもの。

そんなわけで、次回は嫁さんのセクシャリティーのパンセクシャルトランスジェンダーな私の本音を書こうと思います。

ではではー

 

セクシャリティの話

もうね、書きかけのブログとか書きたい内容とかいっぱいあるんだけども、タイミング逃したり書くの忘れてたりでねー。

てなわけでこんちは!昨日嫁さんと久しぶりにセクシャリティーの話をしたので、それを書こうかなあーと。

 

うちの場合

嫁さん→パンセクシャル

私→トランスジェンダー

なわけなんだけれど、二人ともずっとセクシャリティー迷子だったわけですよ。

嫁さんの場合、トランスベスタイドからのパンセクシャルなわけですよ。

まずね、きっと用語もわからない方もいらっしゃるかと思うので、用語の説明からしていきますかね。

まず、LGBTから。

レズビアン、ゲイ、バイセクシャルトランスジェンダーの略なわけっすよ。

このでっかいくくりで行くと、私らはどれにも属さないって噂。

嫁さんパンセクシャル、まあ私はトランスジェンダーかな?

一般的に認知されてるレズビアンってのともまた違うような気もするわけです。

まあ私らの認識の問題なんで、めんどくせえから、レズビアンでも良いかとは思いますがね。

レズビアンってのは、最近じゃビアンとか言われますが、レズのがわかりやすいしレズで良いとは思います。少なくとも私はね。

レズビアンってのは女性同士の同性愛者のことですね。簡単に言えば。

私らの場合、私の性自認が違うので、どうなんだろうなーとはおもいますが、まじさっきも言いましたが、めんどくせえから私らはレズビアンでいいや。

んで、バイセクシャルとは両性愛者のことです。女性、男性共にいますが、どっちも大丈夫な人の事ね。簡単に言えば。

知り合いにもいましたが、最近は結構いるんじゃないかなーとは思いますねー。

んで、ゲイ

日本では、男性の同性愛者を指しますね。

世界では、同性愛者の事を指すみたいですねー。

んで、ゲイってのは性自認が男性で男性が好きって個人的に解釈してるのですよ。

だって、いわゆるおネエの方々ってのは、性自認は女性なわけでしょ?

まあ各々、見解は違うので論争する気もないです。

誰かにこの価値観を押し付ける訳でもないので、あくまでこのブログを読んでくださってる方々は、わたしがそう思ってるからと言って、そう思い込まないで頂けたらと思います。

各々、価値観はちがいますからね。

 

やべえ!休憩時間がおわる!!

続きはまた今日中にかきますねー。

 

ではではー

胸オペとは全然関係ない話。

私は物流系のピッキングの仕事を10年くらい前からやってます。

集品、ピッキング、在庫管理、現場を仕切るのが私の仕事。

学歴も資格もなーんもなかった私が、バイトリーダーになり、現場を任されたとこが今働いてるとこ。

何度も何度も自分にはこの仕事は向いてない、リーダーとか無理って思いながら、毎日毎日辞めたいって思ってた。いや。今も思っている。

私が新人だった頃に、君に任せる!って言ってくれた私の師匠に恥ずかしくないように頑張ろうってのを支えに、何より応援してくれてる嫁さん含めた家族の存在を支えに、今までやってきました。

派遣会社から派遣されて今の現場に来てます。今までほんといろんな人に出会いました。

控え目に言って超ブラックな会社だけど、個性豊かなレギュラーメンバー、お客さんの会社の方々、うちの派遣会社の社員、他の派遣会社の方々はみんな悪い人たちではないんです。

 

ムカつくこともすげえいっぱいあるし、辞める暁には、立つ鳥跡を濁しまくりで辞めようとはおもうけど、今は頑張り時。

辞めるまでに、作業マニュアルもつくるし、もう1人くらいは現場を任せられる人材を作らなきゃね。

さあさあ!今日も頑張ろう。

 

やっべえ!

昨日は一年検診にいってきました。

あれから約1年。

色々あったけど、仕事も出来てるし、まあ元気です。

嫁さんち編の途中ではありますが、一年検診の事を書くよ!!

お仕事おやすみして、午前中は役所事とかしつつ、お昼前に出発!!

途中、乗り換えで東京駅にきた時に、いろんな事思い出して、あー今は幸せだなってしみじみ思った。

東京駅にくるたびに、嫁さんとまえわたしが好きだった人、嫁さんの元カノが遊びにきた日を思い出すんだ。

会社さぼってお見送りに行ったよなーって。

懐かしいねえー。あれから何年経っただろう。

あの頃は、今こんな感じになれてるなんて想像つかなかった。

まさかまさかの展開が起きた感じだよねー。

物思いにふけりながらも、乗り換えて久しぶりの半蔵門!!

いやあー。相変わらずオフィス街だなって思う。

んで、ナグモクリニックへ。。

毎回思うのだけど、ナグモクリニック暑いわ!!待ってる間にのぼせるよねーwww

おそらく、女性患者しかほぼいないから冷え対策のために気温高めにしてるんだろうな。

かくいう私も冷え性ですからね。

てなわけで、しばらく待って呼ばれてまずは経過の写真撮影。

毎回の事だから慣れたよねー。んで診察。

左の傷は綺麗になってきてはいるけど、右はケロイドになってしまってる私。

先生が、右痛いときあるでしょ?って。

まさに雨の日、寒い日、ちょっとした時、痛いんだわ。

んで、先生が

薬があるんだけどさ、使ってみる?っていってくれたので、即答で使うことに。

わたし、塗り薬だと思ってたんだけど、どうやら注射の模様www

ちょっといたいよーって私ドキドキソワソワ。

しばしまつと、先生が消毒してくれていざ!注射!!

どこに注射したかって?おっぱいの傷にしたのさ!www多分9ヶ所くらいな!!!

ブロック注射より痛かったwww

カテーテルよりはマシだったかな。

診察台をぎゅっと掴み、痛みに耐えるわたし。

心配そうに先生が、痛いでしょ?の言葉

涙目で全然大丈夫ですっ!と強がるわたしwww

正直、めたくそ痛かったわwww泣きそうだったわwww

でもこれで痛みがなくなるなら、傷がすこし綺麗になるならよいか。

でもね、また2ヶ月~3ヶ月後にやらなきゃなんないみたいwww

恐怖だわーwww

どうやらステロイドを注射したみたいやね。

ま!ざっとこんなかんじで一年検診終わりました。

2ヶ月~3ヶ月後また診察だ!

さてさて。今日も仕事がんばるさ!

ではまた!

台風の荒ぶりその2

ラブホでまったり過ごし、いつもの如くチェックアウトギリギリまでまったりwww

タクシーを呼んでもらい、ドラッグストアーに行って最寄り駅へ。

お義母様が松茸ご飯を作ってくれるとのことで、なるはやで帰りました。

最寄り駅でステーキランチたべたけどな(笑)

まあまあまお昼すぎていたし、味見はさせてもらいました。松茸ご飯。

私よりも嫁さんやお義母様に松茸ご飯たべて欲しかったしな。

この松茸ね、お義母様への誕生日プレゼントなんよ。

うちの母と私からの。サプライズプレゼント!!

大層喜んでくれてよかった!!

久しぶりにお義母様にも会えたしよかった。

も少し仲良くなりたいなあ。

偶然というか、お義母様と私は服の趣味が合うんよねー。お互い人見知りだから、なっかなかちゃんとお話しできない。

なんだか年を重ねた自分を見ているような気持ちになるんだよねー。お義母様見てると。

お義母様のように私はチャーミングではないけどね(笑)

お義母様に松茸ご飯をいただき、ちょいとお買い物へいき、常備菜作り開始!!!!

今回は、肉肉祭りでしたね(笑)

鶏肉のコーラ煮と、豚肉のなかにチーズ入ってるやつ!

二つ合わせて24食分くらいできた!

あとはれいとうの野菜をいくつか買ったので、トマト缶がたくさんあるとのことだったから、嫁さんが野菜スープを自作する!はず!www

私もてめえの事で今は精一杯だから、こーゆーことでしか、嫁さんに協力できなくてね。

ご飯代これで少しおさえられるとおもうし、チンするだけになってるから、時短もできる。仕事頑張らなきゃな。

常備菜をつくりおわり、嫁さんが最近いろいろお手伝いしてるというご飯やさんへ。

防犯カメラやら、エクセルやら、まあいろいろね。

そのおかげで、ご飯をちょいちょいごちそうになってるとのことで、ご挨拶がてらね。

ものすげえ雰囲気のよいお店だった!

ママさんがペンギン好きらしく、ペンギンがお店んなかに一杯。

私の後輩のペンギン好きの子を連れていきたいね。

やべえくらいご飯も美味しい!!お酒も種類たくさんあるし。

ママさんもちょっと天然だけど、とても優しくて、なにより努力家だなって思った。

原因不明の難病で、目がよく見えてないし片足と片手が不自由だし。杖ついて仕事してんだぜ?

でも、障害者手帳の申請もせずお店やってる。

お客さんも、ママの状況をしってるからか、優しくて穏やかで物静かなひとが多い。

ママの人柄がおっきいんだろうなあ。

こーゆー言い方は失礼かもだが、ほっとけなくてね。

嫁さんがお手伝いする気持ちがよーくわかるわ。

どっかのゆる居酒屋のママに見習ってほしいねwww

そんなわけで、今日もお時間となりました。

続きは次回!ばっははーい!